想いをつなぎ、つなぐをつくる企業

想いをつなぎ、つなぐをつくる企業

ブログ

Blog

安全、安心で「想いをつなぐ」

naoki

こんにちは!

今回は少し目線を変えて日々、私が従事している業務についてお話させて頂きたいと思います。まぁ、簡単に言いますと「ディーエスピー株式会社」と言う組織の中で何を思い、どんな行動をしているかを紹介して見ますね!

先ずは私の主な仕事はですね、屋外での行動を中心にトラックの運転やフォークリフトの操縦を行う「荷役」です。言うなれば、皆さんが「物流」と聞いて、最初に思い浮かべるシーンですかね?そうそう、「物流の最前線」で機動力を最大限に活かして活動している、花形的な部署だと思い誇りを持って日々励んでいます(`・ω・´)ゞ

ときには、100パレット(パレットとは荷物を載せるための荷役台)以上の積み降ろしを行う事も有りますし、また、異なった作業現場からパレットの移動依頼が一度に来たりと迅速に対応をすべき、スピード感を要求されるそんな場面も多々あります。しかしながら、そんな場面でも、私が一番心掛けている事は月並みで当たり前のことですが「安全」です。

勿論、フットワーク良く荷を効率的に捌く事も重要ですが、お客様からお預かりしている大切な「お荷物」や同じ思いを胸にして共に働く「仲間」を傷つける様な事が有ったら本末転倒ですから!(´;ω;`)ウッ…

車輌の運転を行う場面でも「安全」を意識しての行動は重要視しています。積荷に対しては荷崩れずかつ傷が付かない様にどんな形態の荷物にも最適な処置を行い、また移動中も常に「積荷」の状態を念頭に置いて運転をしています。とは言っても「公道」を走行するのですから「積荷」の事ばかりでは勿論、駄目ですよね。

お客様の「お荷物」を運ぶなかで「時間厳守」は当然ながらあります。

いかなる場合も必ず、お約束のお時間に「交通法規」を守った上で着車出来る様に常に「場所の把握」、「道路状況」、「天候」などの情報収集は事前に念を入れて行い、心と体にゆとりのある運行をしています。まぁ、チョットした自慢ですが、毎日、車の運転をしているなかでの2期(かれこれ15年)連続で「ゴールド免許」です。

近い将来、「ディーエスピー株式会社」もAIの導入することにより「自動化」が進み、安全面もより強固なものに成っていくでしょう。それでも、「人と人」「心と心」でしか伝えられない事、繋がらない事があり続けるとおもいます。

私たちディーエスピー株式会社は今後も「心」込めて、倉庫内での荷扱いにおいても車輌運行においても、「想いをつなぐ」の観点からもより良い形で「荷」と一緒に「安全・安心」を繋いでいきます。

naoki 運輸、荷役、流通加工